3月大幅割引で1件で請け負えるか試してみる。

2018年3月ジモティーの募集

キャンペーン的な感じで、ある意味広告的な感じで出してみます!

ジモティー募集ページ

通常50,000円がなんと30,000円に!
3月で1件のみの特別価格です!

ただし、条件をひとつだけつけさせてください。

「完成したホームページはWeb-flagsのサイト内で実績として紹介させてください」
以上です。

個人事業主の方は特にこういったホームページに予算をなかなか割きづらいと思います。

なので自分でできるだけやってみようと思ったり、
かなり格安な、制作無料!とか10,000円!とかに気持ちが傾いたりするんではないかと。

スキルがなければ自分で作らない方がいい

でも、まず自分でホームページを作ろうとされるのであれば
スキルがある程度あって時間と手間をあまりかけずにできる
という条件が必要だとわたしは考えます。

その条件があれば、本業のスキマ時間なんかにホームページを作成したりして、
外部コストをかけずにホームページをオープン・運用することができると思います。

しかし、その条件がないのであれば、
自分で制作をすることはおすすめしません。

なぜなら、本来かけるべき時間や手間は本業にあるべきで、
それ以外はあまりかけるべきではないからです。

もし今が本業のオープン直前・直後、ということであればなおさらです。
ホームページ制作なんかにご自身の大切な時間を費やすのは最適解ではありません。

そんな状況の中自身でそれなりに満足いくものを作成しようと思った場合、
何時間かかるでしょうか?

2-3時間でぱぱっと作ることができるものではないと思います。

まるっと2、3日かけてなんとなくそれっぽいものができたかもしれない、
というのが現実だと思います。

でもおそらく、それは現在主流の作りでなかったり、デザイン的にチグハグであったり、見た目はいい感じでも内部的にはぐちゃぐちゃだったりするかもしれません。

となると、せっかく本業にかける時間を割いてまで作ったのに、
それに見合う「効果」がでない可能性があります。

本末転倒、になるかもしれません。

そういうことになるくらいであれば、
30,000円は決して金額だけで見れば小さい金額ではないかもしれませんが、
本来行うべき本業に影響をださないために、
本業に打ち込むために、
そのための投資と考えると、大きな金額ではないと思います。

本業にご自身のリソースを投資していれば、
30,000円以上のリターンが望めるのではないでしょうか?

さらに言えば、ホームページ制作費は基本的には1度きりです。
多少の維持費(最低限みるのであれば月々500円ほど)はかかるとしても、
初期投資さえしてしまえばあとは本業に全力投球するだけです。

それは大きなメリットではないでしょうか。

これが自分でホームページを制作しないほうがいいと思う理由です。

格安すぎるところはしっかり条件を読んで

すべてのホームページ制作業者がその実態をごまかしにかかっているわけでもないと思いますし、
看板通りに格安でサービスを提供しているところもあると思います。

しかし、中には実際に思ったものを作ろうとした時、
看板以上の金額を見積もられるケースもあります。

例えば、2ページまでは無料だったり5,000円程度だったり。
でも、現実的に作りたいレベルのホームページを依頼するととたんに見積もりが跳ね上がる場合があるようです。

もちろんそれに見合う価値がる!というのであれば、
製作者が信頼できるのであればそのまま依頼をして、
お互い幸せにもなれるでしょう。

しかしながらそうではないケースも残念ながらあるようです。

なので、実際にどれくらいのホームページがその値段でできるのか、
これが明らかになっていることは大事です。

ただホームページのデザインや機能の実装はその性質上、
なかなか「これくらい」を具体化して認識を合わせるのは難しいです。

だからわたしはサンプルサイトを用意しています。

「このレベルのクオリティであれば、50,000円で制作します」

という意図です。
きっとある程度はお客様に提供できるレベルが伝わると思います。
(今回でいえば30,000円ですね)

なので、サンプルサイトを御覧くださいませ。

「このクオリティで30,000円なら依頼する価値がある」

と思ってくださったぜひご依頼ください。

ただし30,000円で請け負うのは、
・3月で1件のみ
・制作したホームページはこのサイトで制作実績として紹介させていただく
の条件がありますので、
なるべくお早めにご質問・ご依頼くださいませ。

よろしくお願いいたします。