まったく触れたことがありません、Linux。
なので体系的に学んで行きたいと思います。

そしてその学ぶ軌跡を残してみます。
同じように学んでみようと思っている方のなにかしらの助けになれば幸いです。

LPIC Lv1を取得してみる

まずは基本中の基本でありそうなLPIC1を取得してみたいと思います。
ネットで様々調べた結果、

・1週間でLPICの基礎が学べる本
・Linux教科書 LPICレベル1
・Ping-t

これらを使用して進めていけば良さそうです。
なのでこれらを使用した学習の軌跡を残していきます。

1週間でLPICの基礎が学べる本

1週間で、とは書いてありますがそんなのは無視します!
なぜなら私はまったくLinuxを知らないからです!

1日目はこんな、2日目はこんな、
という感じで区切られています。

ある意味でいえば「1日目はこれだけ覚えればいいんだな」というような指標になると思います。

が先述したとおりまったくLinuxを知りません。

のでとりあえず全体を流し読みします。
知らない単語ばかりですね!

でもいいんです。
とりあえず流し読みをしてこの本にどんなことが書いてあるんだろう、ということを把握することが目的です。

もちろん1周しても中身は身につけることはできません。

2度3度流し読み

気楽に行きましょう。
どうせ流し読みをしただけで身につけることはできないんですから。

流し読みをする目的は、
・何が書いてあるかを把握すること
・とりあえず勉強したつもりになること
なので!

仮想環境を作った

本業で使うPCも、自宅用のPCもOSはWindowsです。
でも別途Linux専用のPCを用意するコストはかけたくありません。

ということで仮想環境をつくります。

とはいっても全然難しくありません!

仮想環境の作り方はこの本に書いてありますし、
Linuxのインストールの方法も書いてあります。

つまり書いてあるとおりにやっていくだけです。

完了すればWindows上にLinuxを動かせる仮想環境ができあがります。

実際に手を動かさずに本を見ているだけのときは難しそうな印象をいだいていましたが、
実際にやってみたら特に難しいこともありません。

素直に手順にしたがって、環境を作成しましょう。

書いてあるコマンドをどんどん試してみる

本にはいろんなコマンドが書いてあります。
とりあえず、実行してみます!

なにせ初めて触れることばかりです。
よくわかんないのでとりあえず触ってみて、その結果を見てみましょう。

この時点で大事なことは、
とりあえずコマンドを実行してその結果をみてみる
ことだと思います。

本にはコマンドに対しての詳細説明や付随した説明があるのですが、
そこまでまだみなくてもいいのではないでしょうか。

先に進むことが重くなっちゃうかもしれないので細かいことはあとで考えましょう!